Orthodontics

ホーム診療案内歯科矯正

歯列矯正後の笑顔

矯正治療とは、ガタガタ、出っ歯、すきっ歯などの不正咬合を、
矯正装置で正しい噛み合わせに整える治療です。
矯正治療はお子様が受けるものとお考えの方もいらっしゃるかもしれませんが、成人の方でも正しい噛み合わせや審美性の改善のために、矯正治療を受けられる方はたくさんいらっしゃいます。

歯並びが整うとこんな良いことがあります

  • 見た目の印象が変わる
  • 食べ物が咀嚼しやすくなる
  • 虫歯や歯周病になりにくい口腔内環境を作れる

このように、日常の生活にも良い影響ばかりです。
当院は矯正相談は無料です。「とりあえず話だけ聞いてみたい」という方も、ぜひお気軽にご相談ください。日本矯正歯科学会認定医である矯正専門の歯科医師が責任を持ってアドバイスいたします。

歯科医師プロフィール写真

日本矯正歯科学会認定医・指導医
Honjo
Tadashi

経歴

  • 岡山大学歯学部卒業
  • 岡山大学病院矯正歯科 助教
  • 鳥取大学医学部附属病院 歯科口腔外科 講師
    (専門 口唇口蓋裂 顎顔面矯正 歯科矯正)

歯学博士

  • 日本矯正学会指導医
  • 日本矯正歯科学会認定医
  • 日本矯正歯科学会会員

成人矯正治療を検討する人の多くは、見た目の改善を目的にしている人が多いです。
矯正治療は審美面の改善も見込めますが、健康的に機能する歯並びへ矯正することが大前提です。

叢生(ガタガタ)のイメージ

叢生(ガタガタ)

歯がきれいに並ばずガタガタの状態の歯並びです。乳歯のころは歯並びがきれいだったのに、永久歯に生え変わってからガタガタになる場合もあります。これは顎が十分に成長せず、歯が並ぶスペースが狭いことが原因です。

反対咬合(受け口)のイメージ

反対咬合(受け口)

上の歯が外側、下の歯が内側に噛み合うのが正常な状態です。これが反対になり、下の歯が前歯より外側に出ている咬み合わせを反対咬合(受け口)といいます。
前歯でよく噛み切れなかったり、しゃくれたように見えたりします。

上顎前突(出っ歯)のイメージ

上顎前突(出っ歯)

上の前歯が出ているような状態の歯並びです。
これは遺伝などの先天的な原因と、舌癖などの悪習慣による後天的な原因があります。

空隙歯列(すきっ歯)のイメージ

空隙歯列(すきっ歯)

歯と歯の間に隙間があるような歯並びです。
顎が大きくて歯が小さい場合、不調和でこのような歯列になります。

開咬(オープンバイト)のイメージ

開咬(オープンバイト)

前歯が噛み合っていない状態です。
本来は前歯で噛み切り、奥歯ですりつぶすというのが正しい咀嚼ですが
開咬の場合、前歯で噛み切ることが難しくなります。
また、お口がポカンとあいているような状態になっていると、ウイルスを防御する機能が低くなり、感染症のリスクが高まってしまいます。

正しい噛み合わせでなく消化不良が起こっているイメージ

消化不良を引き起こす

正しい噛み合わせでない状態では、食べ物をきちんと咀嚼できません。しっかりと噛まずに飲み込んでしまうと胃や腸に負担がかかり消化不良を引き起こす可能性があります。消化不良を起こすと腸内で栄養をうまく吸収できず、免疫力の低下や便秘などを引き起こすこともあります。

歯周病のレントゲン

虫歯や歯周病にかかりやすくなる

歯並びが悪いとうまくブラッシングができず、磨き残しが多くなり虫歯になるリスクが高くなります。デコボコしている歯の間に食べかすが溜まると、歯石がつきやすくなり、虫歯だけでなく歯周病のリスクも高めてしまいます。歯周病は歯を支えている骨を溶かすため、将来的に歯が抜け落ちてしまう可能性が高くなります。

マルチブラケットのイメージ

マルチブラケット

表側のワイヤー矯正

ほとんどの症例に対応できる、最も一般的な矯正方法です。天然歯に近い色のセラミックブラケットを、歯の表側に装着します。金属のブラケットを使用する装置と比べて、目立ちにくいという特徴があります。セラミックブラケット装置のため金属やプラスチックの装置に比べて虫歯になりにくい装置です。

舌側矯正装のイメージ

舌側矯正装置

裏側矯正

歯の裏側にリンガルブラケットという呼ばれる装置を付けて矯正を行う治療法です。歯の裏側に装着するため、口を開けても装置が目立つようなことはありません。治療中のお口まわりの審美性を重視される方におすすめです。

マウスピース矯正のイメージ

マウスピース矯正

インビザライン

半透明のマウスピース(アライナー)を装着して行う、マウスピース型矯正装置です。半透明のため、装置が目立つことはほとんどありません。金属を一切使用しておらず、金属アレルギーの方でもご使用頂けます。また、患者様自身で装置を取り外すことができ、通常通り食事を楽しむことが可能。虫歯や歯周病にかかりにくいという特徴があります。

iTero elementのイメージ

当院では3D光学スキャナー
「iTero element」を導入しています

iTero elementとは、インビザライン専用の口腔内スキャナーです。従来、矯正治療をするためにはシリコン印象という、粘土のようなもので歯並びの型取りをする必要がありました。
インビザラインはオーダーメイドで複数のマウスピース(アライナー)を作成し、歯の動きに合わせてマウスピースを取り替えていきます。そのため細部まで精密に型取りをする必要があり、シリコンを口腔内に入れ型取りをすることは子供や嘔吐反射のある患者さんにとって負担の大きいものでした。


しかし、iTero elementは患者さんの口腔内を機械で光学スキャンするだけ。シリコンでの型取りをすることなく、患者さんの口腔内を画面上に3Dで再現することが可能なのです。スキャンの所要時間は5分もかかりません。3Dでのスキャンは精度も非常に優れており、コンピューターで口腔内を再現することで実際の治療経緯をシミュレーションすることも可能です。

何歳でも矯正治療できますか?
歯を支えている骨が健康であれば何歳でも可能です。
歯を支えている顎の骨(歯槽骨)や歯肉に問題がなければ40〜60代の方でも矯正治療は可能です。歯周病が進み、歯が少なくなっている場合、歯がぐらぐらと動くため矯正治療はできないこともあります。
矯正をするとき、歯を抜く必要はあるのでしょうか?
場合によります。
悪い歯並びの原因は、顎の大きさに問題があることが多いです。顎が小さいために歯が並ぶスペースが狭く、歯がきれいに並ぶスペースがないためです。その場合は動かした歯が骨からはみ出さない様にスペース確保のため抜く必要があります。