Invisalign

ホーム診療案内インビザライン

マウスピース型矯正(インビザライン)のイメージ

こんなお悩みありませんか?

  • 歯並びが気になって思いきり笑えない
  • 結婚式、成人式の前に歯並びを治しておきたい
  • この歳でも矯正ってできるの?
  • 矯正器具が目立つのはイヤ
  • 矯正は痛いって聞くけど、実際どうなの?
  • 生活に支障はないのかな?
  • 頻繁には歯医者さんに通えないかも

そのお悩み、マウスピース型矯正装置「インビザライン」で解決できるかもしれません。
マウスピース型矯正装置「インビザライン」は従来の矯正よりも「目立たない」「痛みが少ない」「通院回数が少ない」が特徴のマウスピース型矯正器具です。

マウスピース型矯正(インビザライン)とモデル

マウスピース型矯正装置「インビザライン」はアメリカのアライン・テクノロジー社が開発。
2022年時点で世界1100万人以上の症例実績を誇り、マウスピース型矯正装置のシェアは世界ナンバーワンの人気矯正メソッドです。

技術革新し続けるCAD/CAM技術と複数の特許技術を用いたコンピュータ管理で、治療開始前にシミュレーションを確認することができます。
歯の動く過程や矯正完了時の歯並びを事前にご説明し、患者様にご納得いただいた上で矯正を始めます。

マウスピース型矯正(インビザライン)は人目が気にならない

人目を気にしなくていい

使用するマウスピース(アライナー)は厚さ0.5mmの薄型で透明度が高いため、装着してもほとんど目立ちません。笑っても見た目に違和感はほぼなく、自然な状態を保つことができます。

マウスピース型矯正(インビザライン)は取り外しが自由

取り外しが自由

マウスピースは弾性のある医療用プラスチックでできており、食事の前後などにご自身で自由に取り外しができます。
矯正器具に食べ物が引っかかるなどの心配はありません。いつもどおりの食事を続けられます。
他にも、楽器を演奏するときや仕事でプレゼンを行うときなど、重要な場面では取り外していただくことが可能です。

ただし、1日22時間以上の装着を守っていただく必要があります

マウスピース型矯正(インビザライン)は歯磨きに制限がない

歯磨きに制限がない

マウスピース矯正では、歯磨きも簡単。
マウスピースを取り外して、いつもどおりに歯磨きができます。隅々まで磨けるため、虫歯や歯周病、口臭の発生リスクを抑えることが可能です。
日々のケアが簡単で、安全に矯正を行いたい方にはマウスピース矯正がぴったりです。

マウスピース型矯正(インビザライン)は金属アレルギーの方も安心

金属アレルギーの方も安心

マウスピース型矯正装置「インビザライン」では治療の最初から最後まで、金属アレルギーのために断念する心配がありません。
マウスピース型矯正装置「インビザライン」のマウスピースには金属が含まれていません。金属アレルギーが理由でワイヤー矯正が難しい方でも、安心して治療を始められます。
歯の表面に付けるアタッチメントの中には、一部金属を含むものもありますが、金属タイプと樹脂タイプの2種類から、患者様の状況に応じて選択させていただきます。

マウスピース型矯正(インビザライン)は前もって完成形がわかる

前もって完成形がわかる

スキャンしたデータを基に、細かい3Dシミュレーションを医師が作成します。
患者様には前もって治療計画をご説明し、ご納得いただいた上でアライナーを発注します。
「いつ終わるのかわからない」
「これからどう歯を動かすのかな」
マウスピース型矯正装置「インビザライン」ならこのような心配をすることなく、安心して矯正に臨んでいただけます。

矯正治療の実績と経験が豊富な理事長が担当します

歯科医師プロフィール写真

田中矯正歯科医院 理事長

経歴

  • 岡山大学歯学部卒業
  • 岡山大学病院矯正歯科 助教
  • 鳥取大学医学部附属病院 歯科口腔外科 講師
    (専門 口唇口蓋裂 顎顔面矯正 歯科矯正)

歯学博士

  • 日本矯正学会指導医
  • 日本矯正歯科学会認定医
  • 日本矯正歯科学会会員

他院でマウスピース矯正を断られてしまったことのある方でも、一度当院にご相談ください。

iTero element 5D

「昔、型取りをしたときに「オエッ」となってしんどかった…」
過去に嘔吐反射で苦しい経験をしたことがある方も多いでしょう。
従来では、矯正を始める際にも、シリコーン印象材を口の中いっぱいに入れて歯の型取りする必要がありました。中には型取りの不快感を理由に、矯正を諦めてしまう方も。
当院では苦しい型取りをしなくても済むよう、インビザライン専用の光学スキャナーを導入しています。失敗リスクはほぼなく、何度も採取する必要はありません。

たったの5分でスピードスキャン

当院が導入している機器では、口腔内を快適に素早くスキャンできます。
また、採取したデータをマウスピース工場にオンラインで送信するため、iTero elementを導入していない歯科医院よりも治療開始までお待ちいただく期間が短くなります。

マウスピース矯正の症例はまだありません。

たくさんのメリットがあるマウスピース型矯正装置「インビザライン」ですが、注意点もあります。
計画通りに矯正を進めていくために、3つのポイントを患者様ご自身で管理していただきます。

1日22時間以上の
装着時間を守る

計画通りに矯正治療を終えるには、決められた装着時間(1日22時間以上)を守って装着することが必須条件です。日々の自己管理を徹底していただく必要があります。

ゴムかけが必要な
場合がある

マウスピース矯正中、上のマウスピースと下のマウスピースにゴムをかけて、矯正を補助する場合があります。アライナーを装着する際に患者様ご自身でゴムかけを行っていただくため、装着にひと手間かかることになります。
ただし、必ずしも全ての方にゴムかけが必要ではないため、詳しくはご相談ください。

食事のたびに
歯磨きが必要

日々の着用時間を守っていただくため、食事後や間食後には歯磨きを行いましょう。歯磨きをせずにアライナーを装着してしまうと、虫歯や歯周病の発生リスクが高まってしまいます。

初診・カウンセリング

初診・カウンセリングの様子

お気軽なご相談から。パノラマレントゲンと口腔内スキャンを行います。
まずはその場で簡易なシミュレーション(無料)で治療後のイメージを確認して頂きます。確認後、より細かい3Dシミュレーションを作成するかどうかを決めていただきます。

精密検査

精密検査の様子

具体的なシミュレーションを行うために必要な資料の採取を行います。
顔貌写真、口腔内写真、CTなどを必要に応じて使用し、精密検査を行います。

資料発送、3Dシミュレーションの作成

資料発送、3Dシミュレーションの作成の様子

スキャンしたデータを基に、担当医師が細かい3Dシミュレーションを作成いたします。

シミュレーションのご説明

シミュレーションの説明の様子

患者様にご来院いただき、担当医師とシミュレーションの確認を行っていただきます。

マウスピース(アライナー)の発注~到着

マウスピース(アライナー)

治療計画に同意していただけましたら、マウスピースを工場に発注します。発注から到着まで、2〜4週間程度お待ちいただきます。

装着指導を行い、治療をスタート

治療スタートの様子

初めてのマウスピース(アライナー)装着を行います。また、ご自身で着脱ができるよう、取り扱い方法をご指導いたします。
最初は慣れませんが、着脱は徐々に慣れます。
基本5週目に、歯の表面にアタッチメントと呼ばれる小さなポッチを付けます。

1~3ヶ月に1回の来院、メンテナンス

メンテナンスの様子

定期的にご来院いただき、歯の動きの進捗を確認します。虫歯や歯周病の発生がないかどうかもチェックし、健康な歯を保ちながら矯正を進めるためのメンテナンスを行います。
歯の動きの進捗を確認した結果、再度スキャンし直して、理想の歯並びになるようマウスピースを作成し直す場合があります。

治療完了

治療完了の様子

計画通りに最後まで矯正が進んだら、歯を動かす治療は終わりです。

保定

保定イメージ

最後に、歯が後戻りするのを防ぐために保定期間を設けます。
矯正終了直後は1日のうち長時間、保定用のリテーナーを着用しますが、徐々に1日の着用時間を減らしていきます。
また、保定期間中にも定期的にご来院いただきます。

マウスピース型矯正装置「インビザライン」矯正はどのくらい痛いですか?
一般的にワイヤー矯正より痛みが少ないといわれています。
また中には「歯が窮屈な感じ」と表現される方が多くいらっしゃいます。
新しいアライナーを装着してすぐは痛みや窮屈さを感じますが、慣れてくると徐々に違和感は和らぎます。
マウスピース型矯正装置「インビザライン」矯正でも抜歯は必要ですか?
必要な症例もあります。
歯科医師の判断に委ねられますので、まずは事前のカウンセリング(矯正相談)にお越しください。
アライナーの洗浄方法を教えてください。
専用の洗浄剤が発売されています。もしくは入れ歯用のポリデントでも構いません。
洗浄剤やポリデントの場合はぬるま湯に溶かしアライナーを入れましょう。大体15分から30分で洗浄完了です。そのあとはよく水で流します。洗浄剤がない場合は歯ブラシで細かく磨いておきましょう。
せっかく治療しても、また歯が元の位置に戻ってしまうのですか?
はい。
歯を動かした後には、後戻りと呼ばれる動きがあります。歯が元あった位置に戻ろうとするのです。
また、後戻りを防ぐために、矯正完了後には2年間ほど、保定用マウスピース(リテーナー)を着用します。
マウスピース型矯正装置「インビザライン」矯正は、保険適応ですか?
いいえ。保険適用外です。
矯正治療で保険適応症例は厚生労働省により決められています。使用する器具も厚生労働省によりルールが定められており、マウスピースは保険適応外です。
マウスピース型矯正装置「インビザライン」は完全自費診療で行います。(2022年1月時点)

矯正歯科治療に伴う一般的なリスクや副作用について

  • 最初は矯正装置による不快感、痛み等があります。数日間~1、2週間で慣れることが多いです。
  • 歯の動き方には個人差があります。そのため、予想された治療期間が延長する可能性があります。
  • 装置の使用状況、顎間ゴムの使用状況、定期的な通院等、矯正治療には患者さんの協力が非常に重要であり、それらが治療結果や治療期間に影響します。
  • 治療中は、装置が付いているため歯が磨きにくくなります。むし歯や歯周病のリスクが高まりますので、丁寧に磨いたり、定期的なメンテナンスを受けたりすることが重要です。また、歯が動くと隠れていたむし歯が見えるようになることもあります。
  • 歯を動かすことにより歯根が吸収して短くなることがあります。また、歯ぐきがやせて下がることがあります。
  • ごくまれに歯が骨と癒着していて歯が動かないことがあります。
  • ごくまれに歯を動かすことで神経が障害を受けて壊死することがあります。
  • 治療途中に金属等のアレルギー症状が出ることがあります。
  • 治療中に「顎関節で音が鳴る、あごが痛い、口が開けにくい」などの顎関節症状が出ることがあります。
  • 様々な問題により、当初予定した治療計画を変更する可能性があります。
  • 歯の形を修正したり、伵み合わせの微調整を行ったりする可能性があります。
  • 矯正装置を誤飲する可能性があります。
  • 装置を外す時に、エナメル質に微小な亀裂が入る可能性や、かぶせ物(補綴物)の一部が破損する可能性があります。
  • 装置が外れた後、保定装置を指示通り使用しないと後戻りが生じる可能性が高くなります。
  • 装置が外れた後、現在の伵み合わせに合った状態のかぶせ物(補綴物)やむし歯の治療(修復物)などをやりなおす可能性があります。
  • あごの成長発育によりかみ合わせや歯並びが変化する可能性があります。
  • 治療後に親知らずが生えて、凸凹が生じる可能性があります。加齢や歯周病等により歯を支えている骨がやせるとかみ合わせや歯並びが変化することがあります。その場合、再治療等が必要になることがあります。
  • 矯正歯科治療は、一度始めると元の状態に戻すことは難しくなります。

  • 未承認医薬品等であることの明示

    田中矯正歯科医院で導入しているマウスピース型矯正装置「インビザライン」は医薬品医療機器等法(薬機法)において承認されていない医療機器になります。

  • 入手経路等の明示

    田中矯正歯科医院のマウスピース型矯正装置「インビザライン」はインビザライン・ジャパンを通じて入手しております。

  • 国内の承認医薬品等の有無の明示

    マウスピース型矯正装置は様々な種類があり、そのいくつかは国内で薬事承認されているマウスピース型矯正装置も御座います。

  • 諸外国における安全性等に係る情報の明示

    米国アライン・テクノロジー社のインビザラインシステムは世界100カ国以上で、これまでに1200万人を超える症例数がある治療です。(2022年2月時点)
    重大な副作用も報告されておりません。
    田中矯正歯科医院ではインビザライン治療の有効性を認め導入をしております。