ホーム症例紹介過蓋咬合過蓋咬合・叢生
過蓋咬合 叢生 出っ歯

過蓋咬合・叢生

主訴 上顎前歯のガタガタ、かみ合わせが深い
年齢・性別 18歳、女性
診断 過蓋咬合、上顎前歯の舌側傾斜、上下顎前歯部叢生、右側5番のすれ違い咬合、両側AngleⅡ級、上下左右8番の埋伏歯
治療期間 1年8か月
抜歯/非抜歯 部位 非抜歯 上下左右8番の抜歯
治療装置 マルチブラケット装置(唇側からの矯正治療、プラスチックブラケット) 上顎遠心移動装置(カリエールディスタライザー)
治療の主なリスク・副作用 前歯の歯根吸収および歯肉退縮を生じる場合がある
治療費用 ¥770,000
症例解説

上顎前歯の舌側傾斜、過蓋咬合でした。まずカリエールディスタライザーを用いて上顎臼歯の遠心移動を行い、その後上下マルチブラケット装置を装着しました。治療の結果、かみ合わせが改善し、緊密な咬合が得られました。上顎前歯が舌側に下顎前歯が唇側に動いたことで側貌も改善しました。