ホーム症例紹介上下顎前突(口ゴボ)口元のふくらみ・ガタガタ
上下顎前突(口ゴボ) 叢生

口元のふくらみ・ガタガタ

主訴 上顎のガタガタ、口元が出ている、噛みにくい、下顎の梅干し状の膨らみ
年齢・性別 20代、女性
診断 上下顎前歯の唇側傾斜、上顎前突(下顎骨の後下方への回転)、下顎両側8番の埋伏、上顎左側2番の反対咬合、右側5番のすれ違い咬合、両側AngleⅡ級
治療期間 2年8か月
抜歯/非抜歯 部位 抜歯 上下顎左右4番
治療装置 唇側マルチブラケット装置、インプラントアンカー、顎間ゴム
治療の主なリスク・副作用 前歯の歯根吸収、前歯部の歯肉退縮やブラックトライアングルが生じる可能性がある、顎間ゴムによる顎関節症が生じる場合がある。
治療費用 ¥860,000
症例解説

上顎のガタガタ、口元が出ていること、嚙み合わせが悪いことを主訴に来院されました。特にご本人は口を閉じる際にできる下顎の梅干し状の膨らみを気にされておりました。診断の結果、上顎の叢生や口元を入れる必要があったため上下顎左右4番を抜歯しました。さらに上顎に歯科矯正用アンカースクリューを埋入し、上顎歯列の遠心移動を行いました。治療の結果、側貌が改善し、機能的で緊密な咬合が得られました。